大海老の特製マヨネーズ炒め

Photo_6
(引き続き、銀座のお店のメニューから)

 味の素のクックドゥーシリーズにも登場するほど日本人に人気のエビマヨです。もともと広東料理では、海老やロブスターを茹でたものにマヨネーズベースのソースをかけて食べる冷菜がありましたが、それの発展系のような気もします。

 海老は加熱すると紅白模様になり、腰が曲がっていることから長寿のシンボルとして正月などの縁起物として欠かせませんが、薬膳的にも補腎作用があり、老化予防に優れた食材とされています。

 この「補腎作用」ですが、漢方でいう「腎」は、単に内臓のひとつをさすのではなく、泌尿生殖系、ホルモン系、カルシウム代謝、免疫系などを含んでおり、また、人は「腎」とともに成長し「腎」とともに衰えるとされ、からだを根本から支えているのが「腎」であるとされています。よって、「腎」を補う作用があるということは、アンチエイジング効果があるという意味になります。

 

関連記事

  1. 大根餅とエビ芋、タケノコの炒め煮

  2. 紅焼潮州魚翅

  3. 牛肉と秋ナスの麻辣炒め

  4. ハモと野菜の唐辛子炒め

  5. 黄花魚の揚げ物

  6. わらびのオイスターソース和え