合鴨の手羽先の煮込み

201103  一般的な鶏の手羽先に比べても倍以上の大きさもある合鴨の手羽先の煮込みです。

 手羽先部分にはゼラチン質が豊富で、その巨大さもあいまって濃厚な味わいとなっています。

 合鴨は鴨とアヒルの人工交配種ですが、もともとアヒルは鴨を家畜化したものです。中国ではペキンダックなどに使われるアヒルが一般的で、中国で「鴨」と書いてあればアヒルを指します(鴨を指す場合は「野鴨」)。また、日本では、アヒル=食べ物というイメージが定着していないので、アヒルの肉も合鴨と称されることが多いようです。

 さて、アヒル(合鴨も鴨よりもアヒルに近い)の薬膳的な効能としては、滋陰養胃、利水消腫となっており、熱病の後期などで胃に潤いがなく、食欲不振、少し食べただけでおなかがいっぱいになる、胸やけすると言った胃陰虚症状を改善するとともに、むくみをとる作用があるとされています。

 

 

 

関連記事

  1. 紅焼蹄膀(ホンシャオティバン)

  2. サツマイモの蔓の和えもの

  3. 上海蟹炊き込みご飯

  4. 羊肉串

  5. 木耳と花山葵の和えもの

  6. 炒蛋湯