アスパラガスの鹹蛋ソース

201103  大振りのアスパラガスに、カリフラワーを裏ごししたものと鹹蛋(シェンタン:塩漬けしたアヒルの卵の黄身の部分)を合わせたソースがかかっています。

 アスパラガスは、抗酸化作用のあるミネラル、セレンやβカロテンを豊富に含み、カリフラワーにはビタミンCが多く含まれるので、この組み合わせは抗酸化作用に優れた組み合わせといえます。

 抗酸化作用に優れた食材をとることは、紫外線による日焼けから血管の老化、発ガンの抑制まで活性酸素による影響を低下させることにつながりますが、特にこれからは、放射能の影響を受ける恐れのある方には特にお勧めです。

 尚、アスパラガス(中国語では芦笋:ルースン)の薬膳的な効能のひとつに、のどに潤いを与えて空咳を抑えるという作用があるとされ、かぜを引いた後でのどがいがらっぽく、空咳が出るような時にはお勧めです(因みに、のどの内側から潤いを与えて、咳やのどの痛みをおさえる漢方処方としては養陰清肺湯などが有名です)。

関連記事

  1. あずきといちごの甜品

  2. 椎茸の香料煮

  3. 白身魚の甘酢あんかけ四川山椒風味

  4. アヒルの醤油煮

  5. 上海料理〜前菜

  6. 蟹黄入り肉団子の布豆腐包