らふてぃー

  この料理も沖縄料理の中ではポピュラーな部類にはいると思いますが、皮付きの豚バラ肉の角煮です。中華ではあたりまえのことですが、てぃびちの煮込みにしろ、このらふてぃーにしろ、皮付きであるところに、個人的にはいたく感激します。

 この料理は、中華の「東坡肉(トンポーロウ)」や「紅焼肉(ホンシャオロウ)」に通じる料理ですが、これらの料理と比べて、らふてぃーの場合は八角茴香などの香辛料は使わず、また、紹興酒の代わりに泡盛を使うせいか、さっぱりとした味付けに感じられました。

 さらに、沖縄料理の一つの特徴だそうですが、甘みが薄いのも東坡肉などの中華とは異なっています。

 いずれにせよ、豚を料理することにかけては日本本土よりはるかに長い、沖縄の歴史が感じられる一品です。

関連記事

  1. そーめんちゃんぷるー

  2. そーきと苦菜の味噌炒め

  3. みみがー

  4. じゅーしー

  5. イカ墨汁

  6. 沖縄の魚/ 夏風邪