ゴーヤーチャンプルー


 仕事で沖縄に行って来ましたので、しばらく「中華(食)の世界」番外編として、沖縄料理をご紹介させて頂きます。

 沖縄に行ったのは初めてですが、市場では生のウコンや、様々な薬効があると言われる野菜などがいっぱい売られており、正に「医食同源」が生きている所でした。

 また、沖縄の人はどなたも人情が優しく、せわしない大阪で生まれ育った身からすると、沖縄が長寿県であるのも思いっきり納得できました。

 さて、沖縄料理シリーズ第一弾は、本土でも最も有名な一品である「ごーやーちゃんぷるー」です。ちゃんぷるーというのは、何種類かの具材を一緒に炒める料理を指すそうですが、ゴーヤー(苦瓜)を始め、塩漬けの豚肉、玉子などを炒め、隠し味には鰹節が使われています。

 ゴーヤーの薬効については、先日も紹介いたしましたが、沖縄ではゴーヤーの天ぷら、ゴーヤー茶、ゴーヤーチップスなど至る所で目にしました。

関連記事

  1. いらぶちゃーの刺身

  2. ぐるくんの唐揚げ

  3. 沖縄そば

  4. みみがー

  5. みーばい汁

  6. ひらやーちー