イカの卵の酸辣湯

 甲イカの卵を塩漬けにしたものを浮き実とした、酸辣湯(スワンラータン)です。イカの卵は、日本でも食べられると聞きますが、一般に出まわることは少ないようです。

 酸辣湯というのは、お酢の酸味と胡椒や唐辛子の辛味(中国語の表現では辣油(らーゆ)の「辣(ラー)」)が合わさった、とろみのついたスープの事で、もともとは四川料理です。(ただし、この写真の料理は便宜上、酸辣湯というものの、山東料理の一品で、辣油ではなくて白胡椒が使われています。)

 ところで、漢方理論では、辛い味のものというのは「発散」という意味があって、ストレスなどで「気」の流れが停滞してくると、無意識に辛いものを食べたくなるようです。辛いものを食べていても健康だというなら問題ないですが、辛いものの食べ過ぎは胃腸の調子を悪くしやすいですし、それ以前にストレスは胃腸の機能低下を招きますので、ダブルパンチで胃腸がダメージを受けてしまいかねません。

 前にも書いたかも知れませんが、そういったときは同じ「辛い」という味で、胃腸にやさしいミント系の飴などを積極的に摂ることをお勧めします。

関連記事

  1. 米燻童鶏

  2. 鱧のサツマイモ捲き揚げ

  3. 中華風カツオのたたき

  4. 夫妻肺片

  5. 牡蛎と野菜のトウチ炒め

  6. レンコンの黒酢風味