豚バラと蓮根の素揚げ

  (今日から、またいつものお店です)

 豚バラ肉は一度茹でてから、素揚げにしてあります。豚バラは旨味がある割には、脂分が多いので敬遠されがちですが、長時間茹でたりすることで脂肪分が抜けて、ゼラチン質のみが残ります。

 レンコンは蓮の地下茎で、成分的にはデンプンが殆どですが鉄分やカリウムなどのミネラルのほか、ビタミンCが極めて豊富で、レモン並に含まれています。そのほか、ポリフェノールなども含まれています。

 レンコンの薬膳的な効用としては、「養血生肌」「健脾胃」?胃腸を丈夫にしてお肌をきれいにする?などのほか、生のままのおろし汁には止血作用などもあります。

 また、地下茎(レンコン)に限らず、蓮は丸ごと薬用植物と言っても過言ではなく蓮肉(蓮の実)、蓮心(胚芽)、葉っぱ(荷葉)など殆どの部位が使われます。

関連記事

  1. 皮付き豚バラ肉と塩酸菜の蒸し煮のせごはん

  2. 黒クワイ餅

  3. 気仙沼産吉切鮫胸ひれの姿煮込み

  4. 豆花魚(豆腐花と白身魚の麻辣ソース)

  5. 蓮の実と豆乳の甜品

  6. イカの卵の酸辣湯