椎茸、筍、麺筋の前菜

902  麺筋とは、小麦のグルテンのことで、日本でも食べられている生麩(室町時代に中国から伝えられたとされています)と基本的には同じものです。

 植物性タンパク質の塊で、精進料理などで肉の代わりに使われたりもしますが、大豆から作られる豆腐の類にはない弾力と食感が特長です。今でこそ、小麦粉は手軽に手に入りますが、歴史的には小麦を挽いて粉にするというのは技術と労力の要ることで、その昔は、高級食品だったようです。

 さて、現代では、本物の肉と違って冷菜にしても脂肪分が固まったりすることもなく、保存もしやすいという利点があり、精進料理でなくても写真のような香料をきかせて醤油煮にされたものが前菜としてよく食べられています。

 

 

関連記事

  1. 枝豆の茴香豆

  2. 豚足の煮込み

  3. 独活、西洋菜、筍の春巻き

  4. 黒酢の酢豚

  5. ホタテ貝柱と金針菜の唐辛子炒め

  6. 核桃酪(くるみ汁粉)