山東蒸丸

201104  

 山東料理の名菜、ふのり(鹿角菜)入りの蒸し団子です。

 ふのりは、枝分かれしている様が鹿の角に似ているので、“鹿角菜”とも称されます。

 鹿の角は中国では古くから滋養強壮作用のある高貴薬として用いられており(→「鹿茸」参照)、鹿角と名が付くのは、中国では“上物”というイメージになります。

 尚、ふのり自体の薬膳的な効能は、清熱、化痰、散結などとなっており、リンパ腫や痔疾にも良いとされています。

 

関連記事

  1. 岩牡蠣と野菜の炒めもの

  2. ズワイガニとカブラの炒め煮

  3. そら豆と生ホタテ貝柱の和えもの

  4. 黒酢の酢豚、ピンクグレープフルーツ添え

  5. 上海蟹と年羔炒め

  6. 豚ヒレ肉と野菜の四川炒め