プチベールの温製

0318  プチベールとはフランス語で「小さな緑」という意味で、キャベツの原種であるケールと芽キャベツを交配させたもので、新しい野菜です(名前はフランス語ですが、日本の種苗会社が開発したそうです)。

 一言でいえば結球しない芽キャベツですが、結球しない分だけ食感が柔らかく感じられます。

 さて、このプチベールはビタミンCやベータカロテンが豊富で、抗酸化作用に優れていますが、薬膳的な効能としてキャベツには生肌作用もあるとされていますので、これから紫外線が強くなる季節にはお勧めの食材です。

 

関連記事

  1. 裏ごし空豆と金華ハムの前菜

  2. ゴボウの醤油煮

  3. 沙文乾羅飯

  4. 前菜盛り合わせ

  5. 手羽先と大根の煮付け

  6. 鶏手羽先の唐揚げ(蝦醤鶏)