老江湖豆腐

517_2 (「過橋米線」さんのメニューから)

 写真は、雲南の家庭料理だそうですが、揚げ豆腐の中に挽肉などがはさまれた料理で、このお店の看板料理のひとつのようです。

 見た目は真っ赤で辛そうですが、実際はそんなに唐辛子がきいているわけではなく、また多少酸味が効いているせいかあぶらっこいという感じもしませんでした。

 ところで、四川料理にも欠かせない唐辛子ですが、薬膳的には、胃腸の冷えをとって消化を助ける作用があるとなっていますが、辛味の強いものは胃の粘膜などを傷つけやすく、結果的に胃腸機能を損ないますので注意が必要です。

関連記事

  1. イイダコの蒸し物

  2. マナガツオの素揚げ

  3. 土鍋ご飯(牛バラ肉と大根、芥蘭添え)

  4. 伊賀豚の唐辛子煮込み

  5. 連鍋湯(豚バラと大根のスープ煮)

  6. 栗と白菜のスープ