焼き松茸

 秋の気配を感じるところまではいきませんが、ようやく朝夕は、いくぶん過ごしやすくなってきました。

 さて、日本人の大好きな松茸です。中国でも食べないことはないそうですが、日本向けに高値で売れる為に、ほとんどが輸出されるそうです。

 松茸は、アガリクス茸などと同じように、免疫力を高めてくれるβーグルカンと呼ばれる多糖体が含まれています。一説には、アガリクス茸よりも免疫増強作用は強いともいわれています。更に、松茸には独特の芳香成分が含まれますが、「香りがよい」ということは、漢方的に考えると「気」の流れを良くしてくれるという事であり、免疫力=「気」が体の隅々まで巡ってくれるという事にもなります。

 いくら体力があっても、ストレスなどで「気」の流れが悪くなると、体のあちこちに「すきま」ができて、その部分の免疫力や防御力が低下するという事がありますので、病気の予防に関しては、免疫力=「気」のエネルギーを高めることと共に、「気」の滞りをなくすことも重要です。

関連記事

  1. 筍と四万十の青のりの素揚げ

  2. ナスと枝豆の前菜、いちじくソース

  3. 薬膳ゼリー

  4. 鶏団子と野生のクレソンのスープ

  5. 白菜のクリーム煮

  6. 香辣蝦