泡菜黄金鶏

Photo  (昨日に引き続き「筑紫楼」さんのメニューから)

 岩手県特産の黄金鶏(こがね鶏)と泡菜の炒めものです。

 泡菜(パオツァイ)とは、四川料理の漬物で、水洗いした野菜を塩水に漬けて自然発酵させたシンプルな漬物です。因みに、乳酸菌発酵ですので、はやりの言い方だと、植物性乳酸菌食品です(もっとも、一部には乳酸菌に動物性だとか植物性だと言うのはおかしい~乳酸菌はあくまで乳酸「菌」であるという意見もあります)。

 さて、現代日本に於いては乳酸菌=ヨーグルトという図式が出来上がっていますが、泡菜に限らずキムチにしても日本の漬物の多くも乳酸菌発酵です。また、乳酸菌は健康食品などでも数多くの製品が売られていますが、最近の研究によると乳酸菌そのもの以外にも、食品の発酵過程でできる成分なども腸内細菌のバランスを良くするのに役立っている事もわかってきており、昔からある発酵食品の有用性があらためて注目されています。

関連記事

  1. カツオの蝦醤添え

  2. 白ネギの和えそば

  3. スルメイカの沙茶醤炒め

  4. 金針菜と雪菜の和えもの

  5. 前菜の盛り合わせ

  6. ミルガイと野菜の炒め物