赤魚とキノコのシンガポール式焼き煮

Photo (引き続き「筑紫樓」さんのメニューより)

 赤魚というのは、メバルの仲間で体が赤いものを指すそうです。

 何故にシンガポール式なのかはお店に聞くのを忘れましたが、煮込みのタレが結構、エスニックな味に仕上がっており、沙茶醤(サーチャージャン)などが使われているからかもしれません。

 沙茶醤はインドネシアの焼き鳥~サテーに使われるタレを模したもので、干しエビや魚の干物と香辛料を合わせて作られます。東南アジアに多い、福建や潮州の人達がインドネシアから逆輸入したもので、エビやカニなどの魚介類の煮込み料理などによく使われます。

 ところで、漢方理論では、エスニック系に限らず、香辛料が大好きという方は、気詰まりをおこしている~簡単に言えばストレスフルな状態にある傾向にあり、香りの強いのが苦手という方は「気」のエネルギーが少ない傾向にあります。

 

関連記事

  1. 鯛の中華鍋

  2. マナガツオの煎り焼き、大豆ソース

  3. 岩手短角牛の煮込み

  4. マクワ瓜のフカヒレ蒸しスープ

  5. 骨付き鶏肉の醤油煮込み

  6. ウチワエビの香り揚げ