豚スネ肉の煮こごり

                                                                 902  皮付きの豚のスネ肉を塩ゆでしたものを型に入れて冷ましたもので、豚の皮から出るゼラチンで煮こごり状態になっています。

 豚の皮のゼラチンは、小籠包にも使われます(あんに含まれるゼラチンが蒸されてスープ状になる)が、日本では、皮付きで売られているのは豚足くらいで、もったいないような気もします。

 中国では東坡肉(とんぽーろー)に使われるバラ肉でも、絶対に皮付きですし、動物の皮に関して言えば、ペキンダックも子豚の丸焼きも主には皮の部分を食べます。

 日本では健康食品として人気のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどは鶏や豚の皮から抽出されていますが、栄養素に関してはサプリメントのような形で摂取するよりは食品の形で摂る方が吸収されやすいと言われています。

関連記事

  1. ブロッコリーニの前菜

  2. 豚耳の前菜

  3. 淮山と鴨の肝のスープ

  4. 栗とサツマイモのお菓子

  5. 高菜炒飯

  6. カワハギとマコモダケの炒めもの