鰤大根

0205_6  ブリの切り身を醤油ベースで甘辛く味付けしたものが大根の上にのっています。正に、「ぶり大根」の中華版ともいえるメニューです。

 ところで、大根は日本には弥生時代には大陸から渡ってきたそうですが、日本で生産される野菜の中で作付け面積も、収穫量も一番多い野菜です。また、大根は中国でも食べられてはいますが、世界で日本ほど大根を食べている国はないそうです。実際に、カイワレや沢庵漬け、大根おろし、切り干し大根など、派手さはないものの日本の食生活にはなくてはならない野菜です。

 大根の薬膳的な効用としては、胃腸を丈夫にし、消化を助け、咳や痰をおさえ、利尿作用もあるとされています。また、漢方の世界では、大根の種を「莱服子(らいふくし)」とよび、食べ過ぎでおこるおなかのつかえや咳を鎮める作用があるとされています。

関連記事

  1. 筍と四万十の青のりの素揚げ

  2. 蟹黄入り白玉団子のスープ

  3. 豚の心臓、唐辛子ソース

  4. ふきと蝦子の和えもの

  5. 紅焼鮑魚

  6. 貝柱の蒸しもの