アナゴとレンコンの沙茶醤炒め

Photo_63  アナゴとレンコン、金針菜、パプリカをエスニックな香りのする沙茶醤(サーチャージャン〜インドネシア料理の「サテー」のタレを模したもの)で炒めた料理です。

 日本でもアナゴのことを海ウナギとも呼びますが、中国語でもアナゴは「海鰻(ハイマン)」と書きます。ただし中国(上海など)でよく食べられているものは、体長が1メートル以上もあるクロアナゴです(因みにアナゴの仲間で欧米に棲息する種類の中には全長が2〜3メートルに達するものもいるそうです)。

 アナゴやウナギは脂肪分が多く、その事を気にする方がいますが、魚類は体温が低いので人間よりも体温が高い(40度前後)豚や鶏、牛の脂肪分に比べて体内で固まりにくいという特徴があり、同じ脂肪分でも魚類に含まれる脂肪分はヘルシーであるといえます。
 

 

関連記事

  1. 豚の胃(ガツ)のマスタード和え

  2. 蒸し鶏の唐辛子ソース

  3. ハモの湯引き

  4. 金柑入り紅豆沙

  5. 鱈の白子入り海老芋のすり流し

  6. 豆板鶏丁(地鶏の豆板醤炒め)