佐土原なすの中華風田楽

Photo_62
 佐土原なすとは宮崎県の伝統野菜で、普通のナスより大きく、薄い紫というか赤みがかった皮とアクがなく柔らかくて甘みのあるのが特徴です。ナスは一般的には夏野菜ですが、この佐土原なすは9月が旬とされています。

 写真の料理は佐土原なすに中国のたまり醤油ベースに干しエビなどが入ったものとともに田楽風にしたものですが、佐土原なすの上品な甘さが印象的でした。

 なすはインド原産で日本には奈良時代までには中国から伝わったとされていますが、平安時代の大同類聚方という書物には、なすと塩などでできた現代風にいうと薬用歯磨きのようなものが記載されています。

関連記事

  1. 豚の心臓、唐辛子ソース

  2. 酢豚のトマトソースがけ

  3. 自家製カラスミ入りの大根餅

  4. 宗田鰹の唐揚げ、薬味ソース

  5. 紅焼肉

  6. 豚の大腸の北京屋台風煮込み