黒酢の酢豚 サクランボ添え

130530  おなじみの黒酢の酢豚ですが、定番はロースなのに対して今回はバラ肉が使われており、サクランボが添えられたいるのが特徴です。

 サクランボが出回る季節となりましたが、サクランボにはブルーベリーなどに含まれるアントシアニンが豊富に含まれるほか、睡眠に関係するメラトニンも含まれています。

 また、数年前にカリフォルニア大学の臨床試験で、サクランボ(チェリー)が痛風に有効だとするデータが発表され注目されました。1日あたり280gのチェリーを食べた場合のデータですが、尿酸値が低下するほか、痛風発作による炎症にも有効とのことです。

 

関連記事

  1. 鹿肉とニンニクの葉の炒めもの

  2. 広東料理の前菜

  3. 白切鶏

  4. クラゲの甘酢マスタード風味

  5. サンマと豚肉の肉団子、蜆介醤添え

  6. 琵琶湖の天然ウナギのニンニクソース