烏魚蛋湯

100224

 “烏魚蛋”とはイカの卵のことで、写真ではわかりづらいですが、真っ白で直径2~3cmくらいのソフトコンタクトレンズのような形をしています(台湾では烏魚蛋は“からすみ”の事を指します)。

 生の状態では無色透明だそうですが、食材として流通するのは塩漬けされたものが一般的で、白くて半透明状になります。

 イカの卵自体の味としてはあっさりしたものですが、最大の特徴は他に例を見ないほどの滑らかな食感で、このスープが山東料理の名菜の一つとされるだけのことはあると思います。

 さて、イカと言えば、日本人の魚介類の消費量の中でもトップで(因みに、イカ、マグロ、サケがベスト3です)、世界的に見て最もイカ好きな国民といえると思います。イカは見た目以上に消化に負担のかからない食材で、ビタミンなども豊富に含まれていますので、胃腸が弱い日本人にとって適した食材だと思います。

 また、漢方薬の世界ではコウイカの甲骨を乾燥させたものを烏賊骨(うぞくこつ)と呼び、胃潰瘍の痛みや不正出血などに効果があるとされています。

 

 

関連記事

  1. 草莓山査羹

  2. 鴨肉と下仁田ネギの醤油炒め

  3. 蓮藕咸魚肉餅

  4. 牡蛎と野菜のトウチ炒め

  5. 点心3種盛り

  6. 田鶏と野菜の炒めもの