金鶏の揚げもの

1126  (福臨門魚翅海鮮酒家 大阪店のメニューより)

 福臨門名物の一つ、金鶏を表面はカリカリ、中はしっとりと揚げてあります。この料理に使われる鶏は、広東の地鶏の一種で、龍崗鶏(ろんこんがぁい:広東語読み)と呼ばれるものですが、奥深い滋味というか味わいがあります。聞くところによると、福臨門さんでは、この鶏を広東から持ち込んで、日本の農場で育てているそうです。

 鶏肉は薬膳的には滋養効果が高く、胃腸虚弱や軟便、頻尿、病後の体力回復などに良いとされ、香港などでは丸鶏の濃縮エキスが調味料ではなく、健康食品的に販売されたりしています。

 ただし、その効能は自然の中で育てられた地鶏にはあっても、抗生物質やホルモン剤など薬漬けで育てられるブロイラーには期待できるものではないと思います。

 

関連記事

  1. 黒酢の酢豚

  2. 風海鰻(日陰干しハモの前菜)

  3. 南煎丸子(肉団子の煎り焼き)

  4. ココナッツプリン

  5. 紅焼排骨

  6. 貝柱と野菜のXO醤炒め