クラゲの甘酢和え

603_6

 (引き続き、明元さんのメニューから)

 中華の前菜の定番、クラゲの甘酢和えです。クラゲは漢字で「水母」と書かれるほど、殆どが水分で出来ていますが、薬膳的には高血圧や肥満に有効とされていますので、メタボ系の方にはお勧めの食材です。

 また、甘酢=甘い味と酸っぱい味の組み合わせは、漢方理論では酸甘化陰と言って、からだに潤いをもたらすとされています(ただし、甘みが強い場合は、潤いではなく水垢のようなものが生じるとされています)。

 湿度が高く、汗もでやすい今の時期にはまさにぴったりのメニューといえます。

関連記事

  1. トマトとハチノス(牛の胃)の白酒煮込み

  2. カラコール貝の前菜

  3. 前菜3品

  4. アシアカエビのエビチリ

  5. 南煎丸子(肉団子の煎り焼き)

  6. 天然うなぎと香菜、黄ニラ炒め