前菜の盛り合わせ



 いよいよ年末が近づいてきましたが、巷ではそろそろ忘年会シーズンです。個人的には、本年最初の忘年会が先週の土曜日に姫路でありまして、現地の中華料理屋さんでいただいた宴会メニューをご紹介します。

 まずは、中華の宴会の定番、前菜の盛り合わせです。中国語では「什錦垪盆」(正しくは「垪」は「てへん」です)ですが、「色・香・味・形」の順番で料理の善し悪しを規定する中華の世界でも、見た目が最も重要視される料理です。

 「お約束」通り伊勢エビのサラダが中心に据えられていますが、伊勢エビは中国語では「龍蝦」?龍のようなエビという事で、食材の中でも抜群の「おめでたさ」があります。

 因みに、日本ではエビの類は腰が曲がっているように見える事から「海老」という字を当てますが、薬膳的にも「腎」を補って、老化予防効果があるとされています。

関連記事

  1. 淮山と鴨の肝のスープ

  2. 豆腐花

  3. くらげと紅芯大根の和えもの

  4. 紅焼野猪仔

  5. 上ミノと万願寺唐辛子のニンニク炒め

  6. 金柑入り紅豆沙