羊のスネ肉のロースト

 羊の肉は体を温める作用が強く、一般的には冬場に食べられることが多いですが、もともと冷え症(特にお腹が冷えやすい人)の人や、クーラーなどで体調を崩しやすい方には、夏場といえどもお勧めの食材です。

 漢方では当帰生姜羊肉湯(とうきしょうきょうようにくとう)という処方があって、羊の肉に婦人の聖薬ともいわれる「当帰」と、ショウガを入れて煮詰めるというものですが、産後の女性の体力の回復に用いられます。

 写真の羊の肉の下に敷かれているのはヒユナです。別名をジャワホウレンソウとも言い、独特の赤い色が特徴ですが、ホウレンソウの2倍の鉄分を含むほかビタミンCやカロテンも豊富で、貧血気味の方にはお勧めの食材です。

関連記事

  1. 豆苗とユリ根の蟹黄ソース

  2. 下仁田ネギと合鴨の蒸しスープ

  3. 気仙沼産吉切鮫胸ひれの姿煮込み

  4. 五花肉、冬瓜、パイナップルの上湯仕立て

  5. 沙文乾羅飯

  6. いちじくのアイス