新タケノコと豚ロースの揚げ物

 タケノコが旬ですが、だいぶ前にも書きましたがタケノコ=「筍」という字は「旬」からきています。

 もともと「旬」というのは、暦で、きのえ(甲)、きのと(乙)から始まって、みずのと(癸)までの10日間(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)のことを指しますが、10日もあればすくすく育って「竹」になるから「旬」に「竹」で「筍」です。

 さて、写真の料理はタケノコの先端部分を素揚げにしてスライスしたものを下にして、豚ロース肉を素揚げにした物が上にのせられています。(甜醤油(ティエンジャンヨウ)という中国のたまり醤油に香辛料などを加えたソースがかけられています)

 タケノコの薬膳的な効用としては、「化痰下気」「清熱除煩」となっており、春先に陽気が高まってきた時にイライラしたり、のぼせたりするのを鎮める作用があります。

関連記事

  1. 車エビと四方竹、百合根の紅麹炒め

  2. 鹵水鵞片

  3. 穴子と三度豆、レンコンの揚げ物

  4. 豚肉とサツマイモ炒め

  5. 左公鶏(地鶏のニンニク、唐辛子炒め)

  6. 蟹肉草茹