紅焼鮑魚




 これも広東料理で好まれるアワビの醤油煮込みです。材料の干しアワビは、日本の岩手県の吉浜産のものが最高級とされ、江戸時代より日本から中国へ輸出されていました。

 中華でアワビといえば、なんといっても干しアワビですが、日本でも熨斗(のし)の起源は、あわびをうすくのして乾燥させたものです。また、広東料理というか香港では、1個10万円を超えるものまであって、ここまでくると味よりも面子(めんつ)の要素が大きいと思います。

関連記事

  1. 大和地鶏の自家製蝦醤炒め

  2. 百合根と豆苗、根菜の上海ガニ味噌あんかけ

  3. 黒クワイ餅の2色ソース

  4. サンマのすり身の揚げもの

  5. 魚のすり身とジュンサイのスープ

  6. 水煮羊肉