小籠飽

 台湾にある小籠飽(しうろんぽぅ)で有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)も東京や大阪に支店を出していますが、日本でも小籠飽の認知度は上がってきていると思います。もちろん、香港の飲茶メニューにも載っていますが、もともと小籠飽は広東系の点心ではなく、上海料理です。

 豚の皮を煮込んでとったゼラチン質をあんの中に入れるため、蒸し器の中で加熱されるとともにそのゼラチン質がスープ状になります。焼売や餃子の皮と違って、お箸でつまんだときに皮が破れてしまうと、中のスープがこぼれてしまいますし、分厚い皮だと食感が悪くなるため、この小籠飽は皮が難しいとされています。

関連記事

  1. 鯛とホワイトアスパラガス、金針菜の炒めもの

  2. 天然うなぎと香菜、黄ニラ炒め

  3. あさりの湯麺

  4. 甜葱炒金柑野鴨片

  5. サヤトリダイコンの香椿(シャンチュン)ソース

  6. 中国セロリ、長芋、黄ニラと和牛炒め