湖南風桂魚の蒸し物




 桂魚は中華を代表する淡水魚で、蘇州料理の名菜「松鼠桂魚」なども有名ですが、ハタの仲間で身がプリプリしているため、写真のような蒸し物にしても美味です。

 魚の蒸し物(清蒸)の場合、一般的には魚を蒸してから、醤油ベースのタレをかけ、ネギや生姜の千切りをのせて、上から熱した油をかけますが、「辛い」ことにかけては定評のある湖南料理では、黄色い唐辛子を用います。

 また、湖南省では桂魚よりも、同じく淡水魚ですが、通称「大頭魚」と呼ばれる、ゼラチン質の豊富な頭の大きな魚が用いられる事が多く、現地では大量に養殖されているそうです。

関連記事

  1. 紅焼野猪肉

  2. ハトのロースト

  3. 緑竹の前菜

  4. 鱸(すずき)の蒸し物、大豆ソース

  5. 豚バラ肉の香辛料和え

  6. 鶏胸肉と神楽南蛮の炒めもの