豚耳の前菜

Photo

 豚の耳は、沖縄料理でもミミガー(耳皮)と言って、よく和えものなどにして食べられますが、耳の軟骨と周りの皮の部分の独特のコリコリした食感が特徴です。

 栄養的にも低脂肪で、コラーゲンなどが豊富に含まれることから美容~老化予防効果も期待できます。

 中華料理で、肉と言えば豚肉を指しますが、「鳴き声以外は全部食べる」と言われるほど、中華料理では耳以外にも、豚の内臓は勿論のこと、脳みそや歯ぐきを使った料理などもあるそうです。

 こういった事を書くと、気持ち悪いと感じる方もおられるかも知れませんが、バラ肉やロースといった肉の部分だけを食べて、その他の部位を食べずに捨ててしまうことの方が「罪深い」ことのように思います。

 

 

関連記事

  1. 鱧とトマトの酸辣湯

  2. 2種類の茴香豆

  3. アワビとキノコの煮込み

  4. 合鴨の手羽先の煮込み

  5. 豚バラ肉の香辛料和え

  6. 焦炒星鰻(蓮根と穴子の沙茶醤炒め)