フルーツトマトの甘酢漬け


 夏野菜として日本にもすっかり定着したトマトですが、五味は酸・甘で、このトマトを甘酢=甘・酸に漬け込む事で、酸味と甘味が強化されます。

 漢方では「酸甘化陰(さんかんけいん)」と言って、酸味のものと甘味のものを組み合わせると、体に陰(=潤い)を増やす作用が生まれるという理論があり、正に夏向きのメニューといえます。

関連記事

  1. 上海蟹の麺飯もの

  2. 乳香白芦笋

  3. 琵琶湖の天然ウナギのニンニクソース

  4. 厚岸の牡蛎の湯引き

  5. 麺筋と豆の炒め煮

  6. ウズラのすり流しスープ