ホウレンソウの干しエビソース

1216  ホウレンソウのおひたしに刻んだ干しエビをベースにしたたれがかかっています。

 手前に見える、根っこのようなものは、正しくホウレンソウの根っこを素揚げにしたもので、意外にクセもなくあっさりとした味でした。

 さて、ホウレンソウはペルシャあたりが原産とされていますが、ビタミンAや葉酸、鉄分が豊富で、40代以上の人にとっては、ポパイがホウレンソウの缶詰を食べてパワーアップするというイメージもあってか、ホウレンソウ=元気になる野菜というイメージがあります。(実際に、薬膳的にも、五臓を養い、血の巡りを良くする作用があるとされています。)

 ところで、ホウレンソウには鉄分などが豊富と言われますが、こういった栄養素の含有量に関しては、見た目が同じでも、本来の旬の時期に豊かな土壌で栽培されたものと、季節はずれにビニールハウスで化学肥料などを多用して栽培されたものでは、全く違ってきます(場合によっては、成分に数倍の開きが出ることもあります)。ただし、見分け方は簡単で、買ってきたホウレンソウを成分分析しなくても、おいしいかどうかで、おおよその見当はつきます。

 

 

関連記事

  1. 鴨肉とウズラ卵炒め

  2. 磯ツブ貝の醤油煮

  3. 髪菜と蟹粉のスープ

  4. 春菊と炒り卵の焼売

  5. タラバガニの黄色唐辛子炒め

  6. 塩酸魚