ゴボウチップス

1112  ゴボウを薄切りにして素揚げしたものです。ゴボウ独特の苦みと甘さがあります。

 ゴボウといえば、食物繊維が豊富でデトックス作用に優れた食材というイメージがありますが、実は腸内の善玉菌を増やす作用のあるオリゴ糖を豊富に含む食材でもあります。

 ゴボウの他にもオリゴ糖を豊富に含む食材としてはタマネギや大豆、バナナなどが知られていますが、腸内で善玉菌のエサとなるために腸内で善玉菌が増え、整腸作用のほか免疫(腸管免疫)にも良い影響を与えます。

 ところで、ある種の糖が腸内細菌のエサになるという構図は漢方薬の効き目にも影響することが実験的に確かめられています。つまり、ある種の漢方薬の薬効は、漢方薬に含まれる配糖体とよばれる糖と何らかの有効成分がつながった形の成分が腸内細菌により糖の部分が“食べられる”ことで、活性成分となって薬効をあらわすことが知られています。

 この時、漢方薬に含まれるある種の糖をエサとする腸内細菌が多いか少ないかで効き目がちがってきますし、そういった腸内細菌が少ない人でもその漢方薬を続けることで、やがてそれをエサとする腸内細菌が増えてくるので、だんだんと効き目が良くなることとなります。

 総ての漢方薬が配糖体を有効成分としているわけではありませんが、こういった話しは、漢方薬が人によって効き目が違うとか、続けていくとだんだんと効いてくるといったことを裏づける科学的な根拠のひとつとなっています。

関連記事

  1. ヒユナのニンニク炒め

  2. 淮山と鴨の肝のスープ

  3. 青蟹(ワタリガニ)の炒めもの

  4. 豚肉とそら豆、マコモダケ、なずなの炒めもの

  5. 紅焼鮑魚

  6. 栗とサツマイモのお菓子