西洋菜と合鴨の肝のスープ

0916  西洋菜とは、ヨーロッパ原産のアブラナ科の植物であるクレソンの事です。

 フランスでは別名“健康草”とも呼ばれており、消化促進作用のほか食中毒の予防効果もあると言われています。

 日本には明治以降に西洋料理と共に入ってきたそうで、ほのかな辛味と独特の苦みがあり、サラダやステーキの付け合わせとして使われています。

 もっとも、基本的に生野菜を食べない中国ではスープの具として使われるのが一般的で、薬膳的にはやはり消化を助ける作用があるとされています。

 

関連記事

  1. 筍と四万十の青のりの素揚げ

  2. トロトロ白菜と豚肉のピリ辛炒め

  3. 「大陸風」前菜

  4. 紹興鶏

  5. スルメイカの沙茶醤炒め

  6. 千張肉