陳皮牛肉片

0421 細かく刻んだ牛肉を練って薄く広げて焼いたものです。

 中国式ハンバーガーのパテと言えば、そのようなものですが、陳皮の香りを効かせた醤油ベースのタレで味付けされている点が「中華料理」です。

 因みに中国式ハンバーグとしては、“南煎丸子”という料理があります。

 もともと中国では牛の肉を好んで食べる習慣がなく、牛肉といえば使い物にならなくなった農耕用の牛などがメインで、牛肉=固くて臭みが強いというイメージが強く、陳皮や中国セロリ(芹菜)など香りの良いものを合わせるか、あるいはニンニクや唐辛子をたっぷり使って煮込み料理にする、あるいはスープの出汁をとるといった用途が主で、現代のようなオイスターソースで味付けしたステーキなどは存在しませんでした。

 牛肉の薬膳的な効用として胃腸の機能を高めたり、気のエネルギーを補うとされていますが、日本の霜降りの牛肉などは想定外の話しで、あくまで脂身のない牛肉についての話しです。

 

関連記事

  1. 帯子焼賣

  2. 蟹黄獅子頭の壺蒸し

  3. 中華風カツオのたたき

  4. オマールエビの香り揚げ

  5. 稚鮎の前菜、胡瓜のすり流しがけ

  6. ロメインレタスの白腐乳ソース