杏仁豆腐

0320 (引き続き、日本橋コレドの中にある「維新號 甬江(いしんごう よんじゃん)」さんのランチメニューから。)

 中華のデザートの定番、杏仁豆腐です。アンズの種である杏仁はアーモンドのような形をしており、独特の芳香があります。

もともとは北方の遊牧民の飲み物であった杏仁のお汁粉のようなものが原形とされ、それをゼラチンで固めたものです。

 杏仁は咳止めの要薬として漢方で用いられる他、西洋医学でも咳止め(杏仁水)として古くから用いられてきました。ただ、薬用に用いられる本来の杏仁は香りや薬効成分は強いものの渋みがあるので、現在では食品用には香りは劣るものの甘みの強い“甜杏仁(南杏仁)”と呼ばれる専用の品種が使われています。

 ついでに杏仁豆腐の上に載っているキィウィですが、意外にも原産地は揚子江流域です。薬膳的効能としては清熱作用や利尿作用があるとされています。

 

関連記事

  1. 魚肚の煮込み

  2. クルミのお汁粉、安納芋添え

  3. すっぽんのスープ

  4. 里芋と銀杏の煮込み

  5. 四季豆と鶏のすり身揚げ

  6. 鳳城魚滑