パパイヤ

Photo (「翠園」さんのデザート)

 パパイヤはメキシコ原産の植物で、東南アジアでは未熟な果実を野菜として、また、完熟したものは写真のようにフルーツとして食べられています。

 パパイヤには、タンパク質分解酵素であるパパインが含まれ、肉類の消化を助ける作用が期待されるほか、食物繊維が豊富なことから、胃腸に良い食材といえます。

 中華料理では、ヌーベルシノワのメニューで、パパイヤをくり抜いてフカヒレスープを注ぎパパイヤごと蒸し上げた料理が注目されたりしましたが、東南アジアではフルーツとしてよりも未熟果実を野菜として調理されることも多く、タンパク質分解酵素のパパインも、未熟果実の方が断然多く含まれています。

 

関連記事

  1. 柳葉魚の煎り焼き

  2. 酢豚のトマトソースがけ

  3. 大ツブ貝と銀杏、百合根、山芋の炒めもの

  4. サンマのスモーク

  5. 太刀魚の炒り焼き

  6. ハモの湯引き、四川ソース