ニシ貝の前菜

Photo_7  ニシ貝のニシとは漢字で書けば「螺旋」の「螺」で、巻き貝という意味になります。サザエに似た貝ですが、貝殻の色や模様が異なっています。味もサザエに似ていますが、やや苦みがあり、酒の肴に向いているとも言えます。

 貝は世界中で10万種類以上もあるそうですが、日本は「貝塚」を見ても分かるように、ハマグリ、アサリシジミ、アワビ、サザエ、カキなど昔から食用の貝に恵まれており、一説には日本で食べられている貝は300種類にも上るそうです。

 貝類の特徴としては低脂肪でタンパク質やタウリン、ミネラルが豊富なことと、旨味成分のアミノ酸に富んでおり、日本人の味覚の原点ともいうべきものです。

関連記事

  1. たこと枝豆の紹興酒煮

  2. カツオの前菜

  3. 上海蟹の蒸しもの

  4. キノコの黒胡椒の冷菜

  5. 紅芯大根

  6. 蛍烏賊の和え麺