羊の肩肉とキノコの紹興酒炒め

Photo_12 (引き続き筑紫楼さんのメニューから)

 羊の肉は低脂肪でヘルシーなイメージがあって、ここ数年日本でも人気が出てきています。薬膳的に言うと羊の肉は体を温める作用が強く、産後の女性の体力回復や冬の寒い時期の腰やヒザの痛みに適した食材です。

 漢方処方のひとつに当帰生姜羊肉湯といって、羊の肉と当帰、生姜を一緒に煮たものがありますが、特に産後の女性が冷えによって腹痛がする時に良いとされています。もっとも、中国では特に腹痛が無くても産後の女性に「羊の肉と当帰」というのは常識と言って良いほど知られています。

 また、中国でも北京など北方では羊のしゃぶしゃぶは冬場の定番料理として人気があります。反対に言うと、温かい時期には羊肉はあまり食べられることがないのですが、羊肉の胃腸を温めるという作用を考えると、冷たいものを飲みすぎる日本人には年間を通して適した食材といえるかも知れません。

 

関連記事

  1. 豆腐花

  2. 鴨肉と下仁田ネギの醤油炒め

  3. ホタテ貝柱と金針菜の炒めもの

  4. 白菜と栗の煮込み サフラン風味

  5. 布豆腐とササゲの和えもの

  6. 蚝仔炒麺