吉浜アワビと白霊茸の煮込み

Photo_23  三陸海岸で獲れるエゾアワビは高級品として知られていますが、特に吉浜(きっぴん)のアワビは、中華料理でも最高級品として昔から有名です(江戸時代から干しアワビやフカヒレ、ナマコが「俵物」として中国に輸出されていましたが、特に吉浜のアワビは最高級品として当時から有名でした)。

 写真は干しアワビではなく、生の吉浜アワビを薄くスライスしたものと、色や食感がアワビに似ていることから「山あわび」とも称される白霊茸のスライスを煮込んだもので、山東料理の「パーサンパイ」を彷彿とさせる一品です。

 アワビの薬膳的な効能は「補肝腎」でカンジンカナメの「肝」と「腎」を補うというものですが、簡単に言えばアンチエイジング効果が強いと言うことになります。

 

関連記事

  1. 木犀肉(ムースーロウ)

  2. イタヤガイの赤酢仕立て

  3. トマトソースの三鮮涼麺

  4. ホタテの煎り焼き、蝦子ソース

  5. 蕪と干しエビの前菜

  6. 鶏と蕗のキャベツ巻き