小いわしの刺身~広島

130811  約1年ぶりの広島です。

 写真は6月初旬から8月中旬まで獲れる広島名物のひとつ、小いわしです。瀬戸内海で獲れるカタクチイワシは魚体が小さく、主としてイリコに加工されますが、新鮮なものは刺身や天ぷらで食べられます。

 身は小振りですが、イリコとして利用されるくらいですから旨みがあって、新鮮ゆえ臭みも全くなく他所では味わえない一品です。また、意外と脂がのっていて、EPAやDHAが豊富に含まれています。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. つくば市~寿司処やぐら本店のちらし寿司

  2. 神農さん~薬種屋仲間290年

  3. “ひよわ”になった日本人

  4. 神農さん

  5. 呼子のイカと博多のおきうと

  6. 上元と蟹黄湯圓