中華コロッケ/ まぶたがぴくぴく

BODY:

  以前、香港シリーズで紹介した咸水角に近いもので、豚肉や野菜などの具材を餅皮で包んで揚げてあります。

 もう少し丸くて小さい餅皮にあんこを入れたものなどもありますが、外はパリパリ、中はしっとりとした食感が特長です。

 

 

 週末topics~まぶたがぴくぴくする

 まだまだ肌寒い日が続きますが、暦の上では立春を過ぎました。

 この「春」という季節は、五臓六腑では「肝」にあたりますが、このことは春になると「肝」の症状があらわれやすいということでもあります。

 以前、「春の養生法」でも書きましたが、この季節はストレス性の疾患が顕在化しやすい時期です。

 そういったこの時期に現れやすいのが、「まぶたがぴくぴくする」という症状です。

 西洋医学的にもストレスが原因という事になっているようですが、漢方的には「肝風内動」といって、簡単に言えばストレスなどで「肝」に無理がかかって体内に「風」が吹くことで、まぶたがぴくぴく動くというふうに説明されます。

 別にぴくぴくするのはまぶたに限りませんが、特に目の周囲に発生しやすく、これは漢方理論で「肝」は「目」につながっているという事からも説明できます。(パソコンや読書のしすぎで目に負担がかかっても「肝」に悪影響を与えますが、それだけではまぶたがぴくつく事までは生じにくく、ストレスの影響が大きいと思います)

 この症状は、季節で言えば「」、「ストレス」が関与して発症しやすいので、まぶただけではなく、胃腸の調子が悪いとか、めまい、ふらつきがおこるとか、イライラするといった症状を伴うことも多く、漢方薬では「肝」の「気」を落ち着かせる処方などを用います。

 また、食べ物では「梅」や「酢の物」など酸味のあるものを適度に摂ることも良いと思います。

 

関連記事

  1. 沖縄の魚/ 夏風邪

  2. 豆苗 / 風邪(かぜ)について

  3. 天津甘栗のアイス/ 「かぜ」について

  4. 冬菜の和えご飯/ 臓器移植と漢方理論

  5. 咸魚/ 薬補不如食補

  6. 鯛の丸揚げ甘酢あんかけ / ウイルスから身を守るには