蓮心・蓮肉/五臓六腑〜「心」

 

蓮心(レンシン)とは、ハスの実の真ん中にある緑色の胚芽のことで、イライラして胸苦しく眠れない(心煩不眠)といった症状に応用されます。

また、蓮肉(レンニク)とはハスの実を乾燥させたもので、漢方薬として使われる他、中華ではお粥やスープなどにも使われます。(蓮心は苦みが強いため料理には使われません)

 

 

週末topics〜五臓六腑について(その2:「心」)

 

(2)「心」について

漢方で「心」といえば、西洋医学でいう心臓機能のほかに、「こころ」という意味(精神神経機能)もあります。

すなわち、

・心臓のポンプ作用による全身への栄養物質の運搬、血液の循環機能

・思考・分析・判断など大脳新皮質を中心とする高次神経系 の機能

の二つの機能を持っていると捉えられ、「心」の状態は舌や顔色、汗の状態に反映されます。

臨床上では

・血液循環障害 ・動悸、息切れ ・高血圧 ・不整脈

・不眠症 ・健忘症 ・神経症

などの症状や疾患に関連しています。

「心」は、その重要性から「君主之官」と称されますが、腑でいえば「小腸」と裏表の関係にあり、季節で言えば「夏」で、「火」の性質を持つとされています。

(ただし、この「火」は弱すぎても、強すぎても動悸や息切れといった症状が出てきますが、漢方では状態(体質)に応じて火加減を調節するように、温めたり、冷ましたりする方剤を用います。)

 

 

関連記事

  1. 中華コロッケ/ まぶたがぴくぴく

  2. 金華ハム / 花粉症について

  3. マイカイカ/春の養生法

  4. 蓮の実の羊羹/ 「シワ」について

  5. 上海蟹の芙蓉仕立て / 漢方的正しい食養生(その4)

  6. ジャスミン/ 「むくみ」について