馬肉の焼き肉



 熊本の馬肉シリーズ第3弾は、焼き肉です。

 牛肉のように細かく部位が分かれているわけではないのですが、どの部位も焼いても硬くならず、尚かつ脂肪分が少ないために胃にも全くもたれません。更に、グリコーゲンが豊富なため肉の甘みが強いことが特徴となっています。

 馬肉は、写真で見てのとおり牛肉や豚肉よりも、鮮やかな色をしています。これは、牛肉や豚肉の2?3倍もの鉄分を含んでいるためで、さくら肉と呼ばれる所以です(もっとも、桜の花が咲く頃が一番美味しいからなど、他にも複数の説があります)。

関連記事

  1. 京料理の先付

  2. 馬刺し

  3. 熊本の馬刺

  4. 玄米工房あすかさんの前菜

  5. 紫芋と薩摩芋の二色タルト

  6. 越前ガニのカニミソ