馬刺し

0330_4 久々の熊本です。九州は、どこへ行っても新鮮でおいしいものがありますが、まずは熊本名物の馬刺しです。

 日本では長野県などでも馬を食べる習慣があるそうですが、なんと言っても熊本ほど馬肉を食べるところはないと思います。因みに、国別で馬肉を最も多く食べるのはフランスだそうです。

 馬肉は低脂肪で、肉に甘みがあって美味しいのですが、基本的に肉質が硬いために、大半はハムやソーセージなどの加工用として使われ、馬肉料理として使える部分は限られているそうで、必然的に価格も高めになります。

 薬膳的には、馬肉は体を冷やす作用があるので、のぼせ気味の方には向きますが、あまり食べ過ぎるとおなかを冷やします。よって、馬刺しなどには生姜やにんにく、馬肉料理にも唐辛子など、体を温める薬味が付き物となっています。

 ところで、馬肉に限らず、昔から薬味として生姜などが添えられる食べ物(豆腐やキュウリやナスの漬物、お寿司など)は、おなかを冷やす作用のあるものと思って間違いありませんので、できるだけ薬味とともに食べるべきです。

 

関連記事

  1. 炊き合わせ

  2. 鶏軟骨の唐揚げ

  3. モモ

  4. 「まくろびお」さんの前菜

  5. 熊本の馬刺

  6. 京料理の先付