麺筋の前菜

 麺筋とは、小麦粉を練って、何度も水洗いしてでんぷんを洗い流し、最後まで残ったグルテン部分のことで、弾力性に富んだガムのような部分で、日本の生麩に近いものです。

 写真は、麺筋を素揚げしてから醤油などで味付けしたもので、前菜として供されるほか、精進料理などでお肉の代わりに使われたりします。麺筋は大豆タンパクのかたまりのようなもので、食感だけでなく栄養学的に見ても肉の代わりになります。

 また、一番上に載っているのは、ノカンゾウの花のつぼみを乾燥させた金針菜です。金針菜は別名を「忘憂草」とも言い、その名の通り「憂い」を忘れさせる?抗ストレス作用があります。

関連記事

  1. 龍井茶と豆腐の蒸しスープ

  2. 生サクラエビの雲呑麺

  3. 琵琶湖の天然鰻と新ニンニク、ウズラ卵の土鍋煮込み

  4. 辣子鶏

  5. 前菜の盛り合わせ

  6. 安蝦咸水角