大海老の衣揚げ、ニンニクとネギ、唐辛子風味



 東京の日本橋にある「YUJIN東京」というカジュアルな中華レストランのメニューからです。

 常々思うことですが、東京と大阪では、中華に対する一般の人のイメージが大きく違うような気がします。最近はそうでもないかも知れませんが、大阪だとどうしても、中華という言葉から連想されるのは、まず餃子であり、豚まんであり、ラーメンとなってしまい、例えばこのお店のように「カジュアルな中華レストラン」というカテゴリーを想像しにくい感覚があります。

 因みに、大阪でポピュラーな焼き餃子やぶたまん、ラーメンと同じ物を中国で食べようと思っても、なかなか難しいものがあります。最近では、日本のラーメン屋さんなどが、上海などに店を出して、現地で人気を得ているという話しを聞きますが、もちろん、現地では「日本料理」として捉えられています。

関連記事

  1. 筍と四万十の青のりの素揚げ

  2. 上海蟹のあんかけ炒飯

  3. スペアリブの四川ソース

  4. クラゲと辛味大根の和えもの

  5. 鴨の舌の前菜

  6. 四季豆と鶏のすり身揚げ