小芋と葱の前菜

140107 大阪市西区の靱公園近くに昨年オープンした「中国菜 香山」さんのメニューから、里芋の葱風味の前菜です。

 里芋は独特のぬめり感が特徴ですが、中に含まれるガラクタンという成分には脳の活性化と免疫力強化作用があることがわかっています。同じく、ムチンには胃腸の粘膜を強化する働きがあります。

 また、薬膳的な効能としても芋や豆類の共通の効果として胃腸の働きを良くする作用があるとされてきました。因みに、漢方の理論では免疫力などは気の作用の一つですが、気の主な発生源が胃腸ですので、胃腸を強化する作用は食べ物の消化吸収だけでなく免疫力を高める作用につながります。

 反対に、胃腸機能低下にはおなかを冷やすことと、腸内細菌バランスを壊すような食品添加物が直結しますので、カゼを引きやすいとか。花粉症などのアレルギー疾患の方は加工食品の摂りすぎや加工食品中心の食事は避けるべきです。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 水なすの酒醸漬け

  2. 功夫湯

  3. 豚バラ肉と野菜の土鍋煮込み

  4. サンマのスモーク

  5. 毛蟹と鱧の肉団子煮込み

  6. 和牛、筍、空豆の炒めもの