豚タンと苦瓜のトウチ炒め

120711   ゴーヤーはプランターでも簡単に栽培できることから、最近はグリーンカーテンとして家庭で栽培される方も増えてきたそうです。

 強烈な日差しをものともせず、蔓を伸ばして実もどんどん成る様はパワフルな生命力を感じさせてくれます。

 栄養的にも抗酸化成分に富んでいるほか、ビタミンCなども豊富で健康野菜そのものです。

 ただし、独特の苦味が苦手な方もおられるかもしれませんが、苦味は清熱作用に通じる味ですし、暑い時期の苦味はそれほど苦にならないのが自然の摂理でもあります(どうしても苦手という方は、かつお節などを加えると苦味がましになります)。

 さて、写真のメニューに使われている豚のタン(舌)ですが、漢方では舌は五臓の“心”と密接に関係しているとされ、タンを食べることは“心”を養うことにつながります。また、夏という季節は五臓では心に相当しますので、心臓に負担がかかりやすい夏の季節にはぴったりの食材です。

関連記事

  1. プチヴェールの前菜

  2. 梨子松菌湯

  3. トコブシとニンニクの茎の実山椒炒め

  4. 溜素三白~三種白野菜の煮込み

  5. 稚鮎の前菜、胡瓜のすり流しがけ

  6. 蛍烏賊の和え麺