アスパラガス入り文思豆腐

100324  アスパラガスのすり身が入った文思豆腐(ウェンスードウフ)です。

 “文思”とは、この料理を考案したとされる清朝の時代の和尚さんの名前で、豆腐を極限まで細く切り刻んで浮き実とした羮~スープ料理です。

 写真はスープの中に、アスパラガスと青菜のすり身が入っており、鮮やかな色となっています。

 アスパラガスはビタミン、ミネラルの他、アスパラガスから命名された疲労回復効果のあるアスパルギン酸を含み、想像以上にヘルシーな食材です。

 

 

関連記事

  1. 大海老と黄ニラ、香菜炒め

  2. 鶏胸肉と神楽南蛮の炒めもの

  3. 穴子と黄ニラの炒めもの

  4. 稚鮎とハチク竹の素揚げ

  5. 鶏のロースト、泡菜ソース

  6. 白菜の干し貝柱スープ煮込み