あさりと皮蛋、鹹蛋の中華風茶碗蒸し

130314  写真ではわかりにくいですが、中にアサリと皮蛋、鹹蛋が入ってます(もちろんベースは鶏卵です)。

 和食の茶碗蒸しに近いもの(もしくはその原型)で、中国語では“蒸水蛋”と呼ばれています(蛋とは玉子のことです)。

 ところで玉子の薬膳的な効能としては養血安胎作用があるとされています。また、その効能に関しては、本来は有精卵の効能であって、無精卵は効能がやや劣ると考えられます。

 有精卵と無精卵では、味やカロリー、あるいは成分を分析しても違いはないかもしれませんが、有精卵には文字通り「精」という物質が含まれています。「精」とは生命の根源物質とされ、生殖、成長発育に大きく関わっており、現代医学に於けるIPS細胞のような側面を持つと共に、生命の熱源である「命門の火」の燃料でもあるとされています。また、別の角度からは人間の老化とは「精」が減少していく過程であり、「精」の減少は骨や脳の老化、免疫力の低下などに直結しています。

 尚、有精卵でなくても、生命を持つものには総て「精」という物質が含まれており、日常の食品の中から最も栄養の濃い部分を「精」として体にとり入れている事になっています。ただし、その過程では胃腸の消化吸収能力の善し悪しが大きく左右しており、いくら新鮮な旬の食材を食べたとしても、胃腸が十分に機能していないと「精」をとりこむことは出来ません。

(無精卵であっても、玉子は精を多く含む食材と考えられます)

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 米薫童鶏(スモーク雛鶏丸揚げ)

  2. 青椒欖角魷魚

  3. 蓮の葉粥

  4. 椎茸、筍、麺筋の前菜

  5. 開水白菜(白菜の芯のスープ)

  6. 紅焼蹄膀(豚スネの醤油煮込み)